見聞録


野間大坊〜内海
撮影:1996.12.14〜15

◆野間大坊◆
野間大坊

仕事の関係の忘年会で知多を訪れた。
翌日、野間大坊から内海まで海岸沿いを中心に散策した。

天武天皇(673〜686)の時、役の行者が草創したと伝えられる。
聖武天皇(723〜749)に弥陀三尊を守置し阿弥陀寺と称した。
弘法大師が白河天皇の承暦年間(1077〜1081)一山を再建して勅願寺とし大御堂寺と命名。
建久元年(1190)源頼朝公により、守本尊開運延命地蔵菩薩が奉安される。
源頼朝の父源義朝の最期の地(暗殺)として有名。
#ffff97
◆野間〜内海MAP◆
野間大坊
愛知県知多郡美浜町野間東畠ヶ50

 名鉄野間駅徒歩10分
 TEL:0569-87-0050
  
#ffff97
◆大門◆
野間大坊の大門

野間大坊にある源義朝の廟には、この故事に因んで、木刀が山のように供えられている。
また義朝の首を洗ったとされる「血の池」は、国に異変があると、赤く染まると言われている。

本尊 阿弥陀如来 県指定重要文化財
客殿 県指定重要文化財(伏見桃山城より移築)
大門 源頼朝公により建久元年(1190)十月二十五日創建
   源頼朝建立の伝承(鎌倉様式)
  
#ffff97
◆鐘楼堂◆
鐘楼堂の梵鐘

鐘楼堂の梵鐘:源頼嗣公(鎌倉幕府第5代将軍)寄進 
国指定重要文化財
 
#ffff97
◆野間・小野浦灯台◆
野間・小野浦灯台

野間・小野浦灯台:恋人達が灯台近くの手摺に南京錠を付けて、
二人の恋が成就するよう願う儀式があるらしい。
訪れた時にはいたるところに南京錠が取り付けてあった。
うまく行ったら外しに来るとか・・・
もし、かなわなかったら・・・そのまま?

灯台のメンテナンスの時に支障がないのかと心配になるほどだった。
 
#ffff97
◆南知多郷土資料館◆
内海:南知多郷土資料館

南知多郷土資料館:内海漁港の近くにあり、立ち寄って見た。
千石船や漁具、昔の生活道具などが展示してあった。

内海:昔は海水浴で賑わった。内海駅は名鉄:知多新線の終着駅。
 




見聞録へ   TOPへ